読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学受験 Vandre min vei

自宅学習メインで中学受験終了・・・ただいま2匹めのどじょうを狙っています。

先取りの先 その1

最近、低学年から中学受験を目指すのブログが一段と増えている印象です。 正直言えば、危うさを感じるブロガーさんが多いです。

こんなこと

入学後、これは中学校に質問しないし、気にしても居なかったけど ものすごく重要じゃないか・・と思った事があります。

塾話

コットの塾をどうするか・・・は、もう決まっているので悩み無しです。 あれやこれやとありますが、我が家のポイントは ”舵取り私、ベースは学校、補助が塾” 普通の大手塾とは合わないと良くわかりました(w

特待は難しい

シアンが当初気に入っていた学校は、ずっと偏差値的に届いている学校でした。 その学校はとても素敵で、家族全員気に入っていましたが、 シアンの勉強に対する真剣味が足りていないように感じて、それは危惧していました。

作文でも漢字

漢字に燃えているコット。 ちなみに、かなり真面目なタイプです。 2番目らしく剽軽な所もありますが、 勉強とか習い事に関しては真面目。

自信

夏休みのフォニックス漬け直後の定期テストはイマイチだったシアン。 テンション下がっておりましたが、その後は以前より英語をやらなくなり、 でも大丈夫と言っておりました。

閑話休題 定期テスト・・・

シアンの定期テスト中、コットが体調を崩しました。 すわ!!感染系??かとかなりバタバタしていました。 昨年は色々準備をしていましたが、 今年は何もしておらず慌てて薬局へ走る羽目に・・・

相談例 宿題が多い (小1)

先生により、宿題は様々なんですが、これはちょっとなぁと思いました。 うーん、一つの漢字30回書くってどうなんでしょう。 昔は”10回書きなさい”だったような気がしますが、 10回駄目だったら20回。 20回駄目だったら30回。 という風潮なんでしょうかね。 …

兄弟のありがたさと・・・

シアンの勉強をする姿をずっと見ていたコット。 きちんと、自分から勉強してくれます。(号泣)

買っちゃった 2016年度版 No.1 の後日談

”買っちゃった”は定期テストで早く帰ってきたシアンと一緒に行った、 本屋さんで購入。 全然話違いますが、試験前の勉強は順調そうだったので、 まだ終わっていないのに、シアンとランチに行ってしまった。 ”ホテルビュッフェ” 親はもうビュッフェは厳しいけ…

買っちゃった 2016年度版 No.1

やっぱり、本屋さん行くと駄目・・・・ 今使わないのに良いなと思うと買っちゃうし、検証したいと買っちゃう。 同行した中一女子から冷たい目線が・・・・・・・・・・。 1冊を見せながら、貴方で苦労したよね?と言えば、目逸らしていたけどね。(勝った!)

小1からがっつり

ネットの中学受験界では、定番になりつつある、 親がしっかり管理、公文・漢検先取り・ サピを1年からで最難関を目指して・・ (ここまでが良くいます) そのまま合格した子。 (これ不明) リアルではあった事ありません。 男女とも最難関合格者は多数知っ…

誤答の多い問題集

そういえば、昨日紹介した本。 中学受験 論述でおぼえる最強の理科 のシアンが使用していた版(現在は第3版になっています)は amazonのレビューにもありましたが、誤答が多かったです。 他に使用していた、理科の これだけ理科〈まとめ〉森上スキル研の中学…

妄想中 (今年受験の方はスルー)

いつものごとく、悪い癖が出てまいりました。 突如として数字が気になると・・・orz 一番計算のしやすい塾(素晴らしい!!) SAPIXの合格実績を見てあれ?と思ったのでついやっちゃいました。 (以下 少数点第2位を四捨五入しています。) 塾総人数に対して…

後何点

前回は後1教科をどうするかで書きました。 極端な傾斜配点でも、算数さえ出来ていれば・・という時代では無いと考えています。 男子校では、もしかしたら算数の採点で結果を出しているのではという噂話が出る学校も存在していますが、女子校ではそれは無いと…

後何点より

東京・神奈川の中学受験生の方は後2か月ですね。 前に書いていたブログの内容と被りますので、以前のブログからの方はスルーで^^;

必携書籍

我が家の場合、学習のメインは家庭と位置付けています。 東京在住・女子・高校入試の現状を考えて中学受験はすると決めていました。 そこで、次に重要視したのは小学校でしたので、 中学受験前提の小学校を選びました。 もっとも、勉強を大事にしつつ、小学…

小学校受験 納得できない

東京の小学校受験の結果が出ている最中で、 神経逆なで記事であることは承知しています。 小学校受験を2回経験していますし、色々見聞きする事は今でもあります。 その中で、結果が伴わなかった場合・・・・ 口を揃えて、”ペーパーは出来たのに”が枕詞なの…

私好みの教材 (小学1年生編)

そんなに、偉そうな事を言うなら、具体的に出して見ろ!! と、言われたわけでは無いのですが、 私好みの教材はこんな感じですと、一応紹介してみましょう。 (アフェリエイト嫌いなので誤解を招かないようリンクは貼っていません。) あくまでも家で使用し…

1年生の教材

低学年向けの教材。ドリルなどが多いですよね。 後、中学受験を意識してだと、最レベ・はなまるリトル・きらめきとかですかね。 低学年、特に1年生には、ほぼほぼ不要な物か、つまらないものが多いです。 他の家庭のブログを見て、家の子よろこんで〇〇やっ…

色々な勉強法は

中学受験を意識している人の中には、公立での授業のやり方を軽視しがちな方も見受けられます。 でも、本当にそうでしょうか?と私は言いたいです。

こんなことやっています その1 低学年の漢字学習

長々とシアンの英語の様子を書いてきましたが、 多分コットの方が、色々ひっかかりそうな予感があります。 高い空間認識力とディスレクシア。 別のこの一点で、判断している訳では無いのですが、非常に納得する記事を見かけます。そして、シアンの助言もあり…

ディスレクシアとまでいかないけど・・

シリーズの最初に書いたように、診断を受けたり、実際に学校生活で苦労されている子どもやその親御さんからすると、前に書いた現在の記事は噴飯物であったかもしれません。 でも、ディスレクシアというものを知って、 その対応がシアンにとっての問題解決に…

中一ショック その6 現在

各Phonicsの公式トレーナーである先生達による英語漬け。 (塾の授業は、1学期分の遅れ解消が目的でした。) シアンもかなり頑張っていました。 で、夏休み明けの定期テストで、そこそこの成績を取り・・・ そして現在、英語の勉強量が激減しています。 ・・…

中一ショック その5 経緯2

中々Jolly Phonicsの教室を見つけられなかった私。 とりあえず、dyslexiaとPhonicsについて改めて調べることにしました。 まず、dyslexiaについて気になったこと。 日本人は20人に1人・英語圏では10人に1人とされている事でした。 本当に20人に1人なのか?と…

中一ショック その4 経緯1

シアンの英単語が覚えられないに気づいたのは6年生3月でした。 色々な英語の学習法のページに行きましたが、 イマイチしっくりするものがありませんでした。

中一ショック その3 リンク集

今回は、色々調べた先のリンク集です。 もじこ様のブログ on dyslexia もじこ様は予備校の英語講師をなさっていて、お子さんがディスレクシア判定を受けているそうです。 もじこ様のブログ内容は元より、コメントを読むと色々な方のご経験が書かれております…

中一ショック その2 兆候

私がディスレクシアを調べるきっかけは、シアンの英語でした。 (シアンのおそらく診断されるレベルでは無いと思います。個性の範疇であり、無理やり定義するならば”隠れディスレクシア(のちほど書きます)”というカテゴリーに入るレベルだと思います。) …

中一ショック その1 (ディスレクシア)

中一ギャップではありません。 中一ショックです。 大分混同されていますし、一緒に使っている方もいます。 中一ギャップに関しては、wikipediaも用意されています。 中一ショックは、ディスクレクシアなどの学習障害が原因となる、英語学習の躓きを取り上げ…

基礎力を確実にする為の教材紹介

注 前回までの記事も含めまとめに関しては理社が中心となっています。 シアンが低学年の頃、掲示板を眺めていると、 ”社理は6年後半でメモチェを繰り返せばOK” という書き込みを良く見かけました。 しかし、6年後半は苦手分野に時間を割くべきであり、 社理…

まとめ教材への不満

注1:我が家の子ども達のページを一部加筆しました。 注2:本日はブラックCotcyanの様で、各所に暴言が見られます。打消し線部分はスルーしてください。 そして、子どもにでは無く、親であり・塾への暴言です。(キッパリ!!) 一見子ども相手に見えても…

相談例 小1 夏休みの教材

ソムリエの人だって、全部のワインを試飲している訳じゃないですよね。 大雑把な表現だけど、地方で当たりをつけ、生産年で当たりをつけ・・・その場にふさわしいワインを選んでいるのでしょう。

とある受験風景

といっても、私の周りでは無く漫画の世界。 西原理恵子さんの「毎日かあさん」での一コマ。

例えば・・・

検証というか、手元にある教材で確認。 2月1日四谷偏差値49 人気上昇中女子校 2015年社会のお話。 ちなみに60点配点で合格者平均点は37点(だと思いますが年度間違えあるかも・・)

偏差値50前半までの学校を目指す

この時期こういう事を書くと、怒られそう・・・と承知していますが、やっぱり書いちゃうというお話です。 (なおこのブログの偏差値は四谷大塚を基準にしています。)

良い教材とは?

世の中沢山の良い教材がありますし、良い先生も居ます。 良い方法を取り入れたいというのは、当たり前の事。 ただ、シアンで色々やってきた身として思う訳です。 その子に合った方法に勝るものは無いのでは・・と。 方法に子どもを合わせようとする方が多い…

朝の勉強に良かった・・・けど。

受験生のこの時期、朝何をさせたらいいか・・・・ あくまでも家の場合ですが、未だにあれは良かったと自画自賛している教材が、 四谷の5年生の週テスト問題 です。 いや、塾の課題でそれどころじゃないと言われそうですね。

相談例 公立一貫志望 理科が苦手

やはり、ママ友さんからの相談でした。 公立一貫を志望しているが、理科嫌いで算理の問題が取れないというのが相談の始まりでした。 塾も理科が苦手ですねと言われるが、対策を取ってもらっている風ではない。 という話です。

6年秋の成績急落 対策(?)

なぜか疑問形の題名。 だって判りますから・・・ 疲れているって判っていても、 減らすという選択肢を取るのがどれだけ怖いのかということも、 一歩間違えるとスイッチが逆方向になるというのも。 それでも、急落しているのであれば、 ”これじゃあ、志望校に…

天才と秀才のちがい

天才と秀才の違いとは何か。 「秀才は倣った事が上手に出来る」 「天才はレベルの高いオリジナルを作り出せる」 とある方から聞いたお話でした。

あれは良かった

1年前の今頃・・・やって良かった事。 勉強関連の教材整理。 本気でお勧めします。 あと三か月、出来ることが限られているのに、 目の前には山のような教材。 うんざりしていたので、子どもと相談しながら、仕分けしました。 何故か山ほどあった、語句・漢字…

6年夏休み明けの成績急落

徐々に下降ではないパターン。 シアンが、まだ低学年だった頃の事。とあるブログがありました。(すでに閉鎖) 最後の方のまとめに、6年生夏休みまで出来ていた問題が、受験直前に解けなくなってきたという記事がありました。 そういう事もあるのだと、今は…

女子の塾選び (その2)

成績が下がっていく女子。 詳細を書き始めると題名から離れていく部分も大きいので、塾に関連する事だけ今回は書きます。

いわゆる、現在の様子。

受験ブログの定番 最近の様子を一切書いていない事に気づいた。 という事で、コットの小学1年10月の様子。

やっているの下がるケース (女子)

塾選びの話の筈だったのが、”やっているのに下がる”場合の話の方を優先したくなりました。関連する塾選びについては後日にします。 成績があがらない。 という事態はありふれた光景でしょう。 しかし、やってもやっても上がらないという事態も起こりがちであ…

女子の塾選び (その1・・・・重要なので前説から。)

中学受験を一通り終え、次の受験まではまだまだ時間があります。 それでも、趣味の一環として塾チェックをしている、私って・・・。

相談例 サピックス 4年女子 社会 (及び理科)

勉強法オタクであると、 周りにばれているので時折ママ友から相談を受けます。 差し障りが無い範囲で、こんなことがありました。を書いていきます。 今回はその1回目。

小学校受験と塾

親の受験という記事の続きみたいな内容。 小学校受験に限りませんが、塾との関係というのは、親が受験に関わる率が高ければ高いほど、悩むように感じます。 塾はサービス業です。 「適切なサービスに対して適正な支払いをする。」 ことで、良好な関係を築く…

私・・・見えるんです

見えると言っても、別に霊的なことではありません。 勉強に躓いている子の問題点が突然見えてしまったり、ある子の進学先が浮かんでしまったりすることがあります。 予知とか第六感なんてものでは無く、 経験による自動予測的な物だと考えています。

親の受験

小学校受験は親の受験と言われます。しかし、本音を言えば、 「合格は子どもの能力」 だと思っています。