読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学受験 Vandre min vei

自宅学習メインで中学受験終了・・・ただいま2匹めのどじょうを狙っています。

中学受験の国語読解

中学受験 国語

国語という教科。

 

指導が難しいとされていますし、実際そうだなと思える所はあります。

 

 

反面、 ものすごく端的に言ってしまえば、

 

受験国語の読解っていうのは、

 

抜き出して・言い換えて・要約したものを、

お約束通りに書けば良いものでもある訳です。

 

 

 

 

多分、お約束と要約は教材次第ではありますが、家でも対応出来るます。 

これだけでもかなりの武器になってしまうのが国語という教科の怖い所だと思います。なぜ武器になると考えるかと言えば、この辺りの指導がきちんとされている風潮を感じられないんですよね。なので曖昧な部分が多ければ多いほど、知っていると有利となると判断する訳です。

 

 

抜き出し・言い換え・要約の一部は、やはり土壌が必要な面が多々あり・・その辺りをどうするかというのは、ある程度意識して育てないといけない部分だと思います。

 

 

何が言いたいか判らない文章になってきましたが、

一律に国語は教えるのが難しい教科とせずに、ある程度意識するだけで伸びる教科でもあると考えています。

 

シアンの時は、物語文のアプローチが判らなかったのですが、

コットの担任の先生の授業の声掛けなどがとても参考になりました。

 

1年生でも、無理なく中学受験の為の指導って可能なんだと、

思わずシアンに話したら、「なるほどね~~」と感心していましたが、

同じ先生に国語教えて貰っていたよね?指導されていたよね?聞いていなかったの?

と突っ込んでしまったのは内緒です。

 

 

 

まぁそんなこんなで、外注はするけど(だって~~今はそこの塾の指導法に興味津々なんだもの)それまでは、色々試したいとは思っています。

 

 

 

 

という、お話でした。