読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学受験 Vandre min vei

自宅学習メインで中学受験終了・・・ただいま2匹めのどじょうを狙っています。

小1からがっつり

ネットの中学受験界では、定番になりつつある、

親がしっかり管理、公文・漢検先取り・

サピを1年からで最難関を目指して・・

(ここまでが良くいます)

 

 

そのまま合格した子。

(これ不明) 

 

リアルではあった事ありません。

男女とも最難関合格者は多数知っていますが、居ないです。

御三家合格に広げても、思い当たらない。

(あまり好きな表現じゃないですが)2番手校でも、

そこまでがっつりは見かけないんですよね。

 

 

中学受験を前提にした小学校ですが、

世間の噂とは違い、ガリガリやらせたりしていません。

自然にはやらせていますが(w

勉強を競わせるような授業もないし、

やみくもに暗記を迫るようなテストもありません。

 

 

 で、小学校だけではなく、あたりを見回しても、

このようなプロトタイプで最難関群に合格したお子さんは、居ないんですよ。

 

でも、低学年からこのような感じのお子さんは居ます。

ぽろぽろと数を減らし、それでも最後まで上位クラスに居たお子さんも居ます。

でも、進学先は意外な所でした。 

 

 

実際の所、

漢検先取りをアピールをしていたお子さんは、

受験時漢字で苦労していました。

 

低学年時公文の級を自慢していたお子さんは、

3年生頃から静かになって行きました。

 

塾のクラスを自慢していた子は・・

 

 

ということで、定番のような事をやっていたお子さんの存在は知っていますが、

その子の行き先となるとうーんとなる訳です。

 

音楽系・運動系の習い事(但しスポ小ほどではない)を

最後まで続けて合格とかは普通にいるんですけどね。

 

 

 

ネットでは良く見かける、このタイプの方。

本当に最難関に合格しているのかな?

と時折、気になる時もあります。