中学受験 Vandre min vei

自宅学習メインで中学受験終了・・・ただいま2匹めのどじょうを狙っています。

弱ければ弱いなり・・

先日、中学受験に大切な事として、体力とあげました。

 

だからと言って体力の無い子を鍛えなさい・・とは言いませんよ。

 

弱いからと 過度の体力づくりは害になるのは自明の理。

(何故過度の勉強は害になると考えないのか不思議ですが。)

 

出来る範囲の体力をつけつつ、弱いなら弱いなりの作戦を立てるのが戦略という物です。

 

 

ここで耐えないととか根性論は大嫌い。

 

これだけ暑いのに、夏は天王山とか発破かけられ、無茶な日程組まれ、山のような教材出され、合宿やら参加したり、体調崩して・・・・・・・・・・それでも乗り切ったお子さんもいらっしゃるでしょう。感動巨編になるかもしれません。

子どもは強いというのも、まぁあるでしょう。

 

 

でも問いたい。

全員という言葉使えますか?

営業用説明会の場では無く、素で問われ答えられますか?

もし、そこで「はい」と答える塾があれば、私は絶対お世話にならない。

 

 

 

ん?????

対象と内容が変わってきている・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

えっと、ここから修正m(__)m

 

体力勝負になるのは判っている訳だから、その事前準備として遊んだり運動系を取り入れるのが良い。

 

それでも、持って生まれた物もあるし環境もあるから、ガンガンいけない子もいる。

そういう子であれば、助走はゆっくり・丁寧系の塾を選んであげたりすればよい。

基本は押さえつつも、重点教科もその子の得意な所から始めれば良い。

苦手な所をどう上手く後で出来るようにするのか考えれば良い。

 

 

 

 

 

中学受験って心と体に悲鳴を上げされるほどの事じゃあない。

 

みんな色々な強み・弱みを持っているんだから、それを上手く使えばいいんじゃない?

と思っています。

 

 

 

広告を非表示にする