読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学受験 Vandre min vei

自宅学習メインで中学受験終了・・・ただいま2匹めのどじょうを狙っています。

特待は難しい

中学受験

シアンが当初気に入っていた学校は、ずっと偏差値的に届いている学校でした。

 

その学校はとても素敵で、家族全員気に入っていましたが、

シアンの勉強に対する真剣味が足りていないように感じて、それは危惧していました。

 

 

 紆余曲折はありましたが、

最終的には、今の学校とその学校の特待ではどちらを優先するかと聞けば、

今の学校となりました。

 

現実としては、その学校は普通合格で特待は取れませんでしたし、優先順位の高い学校が受かった事で、2日午後に特待の為再度トライする事はありませんでした。

 

 

 

そろそろ、進級の話も聞こえてくる季節。

やはりシアンには(空想の)特待より今の学校の方が良かったと夫婦で話をしたりしています。

 

 

特待で進学したお子さんも居ますが、元々全員受験の環境だと小学校では(とろうと思えば)特待が取れる子が多く存在します。

 

そういった環境では”普通”だったけど、特待を選ぶことで”出来る”立場になります。

その中で自覚を持って勉学に勤しむというのは、中々難しいかなぁと感じたりします。

 

 

受験の頃、シアンがその学校で自らを律してトップクラスを維持はどう頑張っても想像出来なかった私。

今、周りに刺激を受け頑張ろうとする姿を見ると、やはりあの学校ではきっと天狗になってずるずるとしか思い浮かばないです。

 

 

高校生ぐらいになって、家庭の事情で特待維持しないと辞めなくてならない、というような環境であれば別ですが、そもそも中学受験をするという事自体、なんらかの余裕がある訳ですから、やはり難しいなぁ・・と思う今日この頃です。