読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学受験 Vandre min vei

自宅学習メインで中学受験終了・・・ただいま2匹めのどじょうを狙っています。

親の受験

小学校受験は親の受験と言われます。
しかし、本音を言えば、

 

「合格は子どもの能力」

 

だと思っています。

 

 

 

 

All Aboutの高橋 公英さんの
小学校受験 合格に近い親になる」1・2から見出しを抜粋させていただきました。

合格に近い親とは・・・

 

  • 子供を冷静に見る事ができる親
  • 志望校を考えるとき学校をよく調べている親
  • 礼儀正しく挨拶等、一般常識感覚レベルが高い親
  • 子供に目的を意識づけできる親
  • 風評に惑わされない親
  • 受験への取り組みを夫婦で理解し合っている親
  • 子供の社会性を育てるという自覚を持った親
  • 子どもの話に耳を貸す親

 

いや、最初の「子どもを冷静に見ることができる親」以外は、
子どもが”小受”に向いていなかったらアウトでしょ。

と言ってしまいます。

 

 

 

正直な感想を書けば、

 向いている子に向いている学校を受験させるのには、大変ではありませんでいた。