読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学受験 Vandre min vei

自宅学習メインで中学受験終了・・・ただいま2匹めのどじょうを狙っています。

女子の塾選び (その1・・・・重要なので前説から。)

中学受験を一通り終え、次の受験まではまだまだ時間があります。

 

それでも、趣味の一環として塾チェックをしている、私って・・・。

 

 

 

 

 

 以前別ブログにて、〇〇塾の回し者と言われたり、アンチ××などという批判を受けた事があります。大手・中堅使わなかったのに、批評家めいた事が仇となったようです。(苦笑)

 

でも、やっぱり書く。

特に、中学年以下の夢一杯・・女子親さんに向けて。

 

 

私を含め、中学受験ブログを書いている親御さんは沢山います。

様々なパターンがありますが、基本は4年生ぐらいまで、夢一杯・妄想一杯の方が多いように感じます。

お尻を叩き・研究して・それでも親が思うような結果にならないというのはざらです。

 

表に出ている、塾に行っても思ったより成績が上がらなかったというのは、

まだ普通だと思います。

 

でも、ほぼ出てこない実情。

優秀層だったのに、最終的には一番下のクラスになってしまうパターン。

決して少なくないと感じています。

 

男子の場合、以前書いた眉を顰めたくなるパターンに該当している事が多かったです。

(親の行動が・・ その1 親の行動が・・ その2)

 

 

女子の場合、別の要件も見え隠れして・・そして、とても数が多い印象です。

 

 

成績が上がらない、もしくは落ちる要件はただ一つという意見が大多数でしょう。

 

”やっていないから”

 

 

切り捨てるのはとても簡単です。

 

しかし、因果関係をとても重要視する私からすると、

 

なぜやれないのか?が気になりますし、

 

同時に、

 

やっているのに成果が出ない。

 

お子さんも少なからず存在する事に気づきました。

やってもやっても成果がでなく、やる気を失うパターンを見かけると辛くなります。

 

 

成績が落ちていく女子の内、半分近くは”塾”という要素が大きかったと感じます。

全ての出来事は繋がっていますので、もちろん1つが原因という事はありえません。

それでも・・・それでも、あの時に転塾という決断をしていたなら・・と、勝手に思い悩んだ物です。(余計なお世話というのは承知しています)

 

 続く