中学受験 Vandre min vei

自宅学習メインで中学受験終了・・・ただいま2匹めのどじょうを狙っています。

時期と量は適切に

前回の弱い所は後回しの文末に、

 

時期と量は適切に

 

という一文を書きました。

 

 適度な負荷・適当な時期というのは大変重要です。

これは相談ではなく、黙って聞いてしまった例になります。

 

 

 

小学校受験にお話の記憶という分野があります。

”文字を読む”を出してはいけない世界ですので、小学校受験の基本は全て”話が聞ける”が条件になりますが、その最もたるのがこのお話の記憶。

 

結構な文章を聞き、問いに答えるというものです。

 

 

知人のお子さんはこれが苦手・・

弱点を強化すべく、この知人他の分野を全て犠牲にして、ひたすらお話の記憶に費やしたそうです。

始めた時期は半年前。費やした期間3か月。

 

結果は、

少々出来るようになったお話の記憶、

そして、他の分野がまったく出来なくなっていました。

 

 

小学校受験向きかどうかというそもそも論はともかく、

このパターン、小学校受験だけでなく中学校受験でも良く見受けられます。

 

 

 

 

 何を”今”すべきか。

 

ちょっと考えてみるのもいかがでしょうか?

広告を非表示にする