中学受験 Vandre min vei

自宅学習メインで中学受験終了・・・ただいま2匹めのどじょうを狙っています。

夏の終わり

夏休みも終わりに近づいてきましたね。

これから模試のオンパレードでしょうか???

 

 

 

あれが終わらなかった。

結果が・・と色々思う所があると思います。

 

 

 

が、一番重要なのは何度も書きますが、体調です。

 

雨が多く、蒸し暑く、体を冷やす事も多かったのではないでしょうか?

リズムも狂ってきているでしょう。

 

 

でも、これからが本番なんです。

 

この夏の終わり。

大事なのは体調回復だと個人的には思います。

 

時間無いのに!!

と思わずに、上手に休ませてあげて下さい。

 

本格的に崩している方は、全休もやむなしとする。

その間は「時間が無いのに」とか言わない。

「今は、ゆっくり休もう。」と言ってあげれば良いと思います。

 

 

何となく不調であれば、やる事を絞り自由時間を積極的に増やす。

(期間はある程度設けますが)

「秋から過去問・模試でどんどん大変になるから、今はのんびりしよう。」

で良いのでは?

 

 

仕方なく休むのと、積極的に休むのでは効果が違ってきます。

 

 

 

 

お子さんの状態次第なので一律には言えませんが、

メリハリをつけた方が結果出しやすいと思っております。

 

 

夏休みは天王山じゃない。

しっかりと補給をし、これからに備える・・

そういった考えも必要かと思います。

 

 

 

追記

ついでに、親御さん達も一回深呼吸しましょう。

 

相談中のこぼれ話?

1.こどもに言わない・言ってはいけない言葉。

 

以前講師経験をしていて、その時にこの言葉は2度使わないでおこうと誓った台詞。

 

「前やったでしょ!!」

 

言葉づかいはこうでは無いですが、リアル生徒さんにやってしまい物議を醸しだした経験があります。その時以来、子どもにも叱責としては使わなくなりました。(記憶を呼び戻す際に類似の言葉を使う事はあります。)

 

 

さて・・・この言葉は使わないという話をした所、

その場にいた全員が「言っちゃう~~」と答えていました。

教えている方は何処をやったか良く覚えているけど、

受け取る方が必至だから、ポロポロとこぼれていく物だから。とも話しました。

 

続きを読む

算数と数学

裏で色々と考えております。

 

 

その中で思考中、時折、注意事項として知人の言葉が私を引き留めます。

 

超理系で私が知る中では一番勉強が出来る人ですが、

子どもの算数について何か話している時に出てきた言葉。

 

 

”数学系にとって、算数系はまどろっこしい部分がある”

 

 

続きを読む

転塾 (時期がずれたけど)

こちらの記事は7月上旬に書きはじめたものです。

1か月ほどずれてしまったので、タイミング的にはどうか・・とは自分でも思っています。 

 

 

 

続きを読む

自宅は自宅・塾は塾

何でかなぁ。
せっかくの自宅選択しているのに、塾と同じことをするのか…
塾講の代わりが親。席順の代わりが順位。
それじゃあ一緒じゃない。

 

 


優先させたいこと、後回しに出来ること、

今することを選択出来るのが自宅の醍醐味だと思っています。

 

 

燃えない

(ちょっと前に書いた記事)

 

最近・・・・・・・・・コットの勉強法については意欲は衰えていないのですが、

中学受験界・・というのには、正直飽きてきている部分があります。

いや正確にいうと、小2の親御さん達と中学受験について話すのが飽きている・・のかもしれません。

 

現在の勉強法・・特に色々なお子さんに合った方法を模索する為の話なら、飽きないのですが、目に見えない敵と戦おうとしている状態で話すのにちょっと・・の部分もあります。

 

続きを読む

天才型と秀才型

2人を敢えて仕分けするならば、

 

シアンは秀才型

コットは天才型

 

と、言えるかなぁ・・・

 

秀才・天才とは言い切れるほどじゃないけど(苦笑)

 

続きを読む