読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学受験 Vandre min vei

自宅学習メインで中学受験終了・・・ただいま2匹めのどじょうを狙っています。

80%の女

シアンは以前より、全力投球が出来ない子でした。

まぁ、私もあまり要求しないというのもありますが・・・

 

 

100m走は80mから減速する。

勉強然り、習い事然り、

そこそこの結果を出す。

頑張っている・・・というのが、いつもの弁。

 

 

 

先日、現在も続けている運動系習い事で、

 

「80%の力しか出していない」

 

と先生に断言されていました。

大きく頷く私は悪くない筈。

 

 

 

 

と、先日学校の体育の時間の事。

 

計測前に転んで、かなりの打撲。

しかし、時間が無いのでそのままスタートラインへ。

計測者が、部活の先輩(恥かしい記録は見せられない)。

 

おそらく、生まれて初めて危機感を持って走り切ったと推察します。

 

 

 

結果・・・・・・・・・・・・・・・・個人記録大幅アップ。

 

保健の先生が、

この怪我だったら、大分タイム落ちたでしょう。と聞かれたそうです。

 

 

 

 

 

 

いつもいつも100%出せとは言わない。

きっと性格的にも、なかなか出せないのは判る。

 

 

けど、その余力。

いざという時に出してこその余力であり、出す事が無ければ、80%が実力。

 

 

 

100%を見てみたい・・・・・・・・・・・と思ってしまう。

 

ねえねえ?

いつ?いつくるの?